MENU

妊娠後期にひどくなった坐骨神経痛

 

妊娠後期の妊婦がなりやすい坐骨神経痛の悩み!
これまでデスクワークが多かった私でも、坐骨神経痛になったことがなかったので、大したことではないと思ってました。
しかし、実際に坐骨神経痛になると、本当にきつい!
とにかく座るのが辛いんですもん!
私は1分でも座っていると、脚のツケ根が痛みでじっとしていられませんでした。
それくらい、じわじわと苦しめる痛みがあります。
患部がジンジンしているような感じ。
長時間はもとより、短時間だって座っていられません。
ひどい坐骨神経痛になると、やっぱり横になるしか方法がなくなってしまいますね。
そうでもしないと、脚が痛くて、座ることができません。
おまけに無理して、座っていると、今度は腰に来る!
背中から腰にかけて、ビリビリとした痛みが走ってきたら要注意!
腰痛と坐骨神経痛のWパンチで、歩行も難しくなってくることがあります。
歩く時に、お尻や腰にするどい痛みが出てくるので、その時には、近所に良い接骨院があれば、相談をしたほうが良いです。
放っておくと、ますます悪化して、出産どころではなく、歩行障害の症状が出てきますので、大変なことになってしまいます。
まずは妊娠後期に坐骨神経痛の症状がでているのであれば、安静にするのが一番です。